Q.表裏のデータをどのように入稿すればよいですか?

A

両面印刷でご注文の場合、PDFデータは表と裏の2ファイルか、結合された2ページ のどちらかでご入稿下さいませ。表裏が横並び配置された「2面付け」で書き出されたPDFは、不備となります。

Illustratorデータ(ai、eps)でご入稿の場合は、「2面付け」でのご入稿も可能です。仕上がり位置にトンボ(トリムマーク)かアートボードを設定して下さいますようお願いいたします。表裏の絵柄をレイヤーで分けて配置しているデータは不備となりますので、表裏のファイルを分けてご入稿下さいませ。
PDFでご入稿の場合は、仕上がりサイズ(塗りたし付サイズ)で書き出していただくか、仕上がり位置にトンボが付いたデータでご入稿下さいませ。仕上がり位置がトンボではなく枠線で示されていたり、トンボがないまま周囲の余白を含めて書き出されているPDFは、仕上がり位置が不明のため不備となりますのでご注意下さいませ。

※はがきの「おもて面」は通常、郵便局では宛名面ですが、印刷では絵柄面を指します。また各商品とも、「ミラーコート」「ミラー上質」の用紙は表裏の紙質が異なるため、ミラーコート面が「表」、通常のコート面・上質面が「裏」となります。ファイル名などに「表」「裏」を正しくご指定下さいませ。宛名面が「表」(=ミラーコート面)になっている場合などでは、確認のため進行がストップすることがありますので、ご注意下さいませ。

この記事はお役に立ちましたか?

上記で解決しなかった場合は、こちらよりお問い合わせください。
全てのQ&Aに戻る