クリアファイル白打ちデータの作成方法

白打ちとは? どんな効果がありますか?

クリアファイルは、透明のポリプロピレン(PP)を使用していますので、白打ちをしないと写真等の絵柄の中の白い部分が無色透明になってしまい、後ろが透けてしまいます。
そこで、絵柄の下に白を打つことによって、透けにくくします。これを「白打ち」といいます。(デザインによっては写真やイラストを印刷する場合でもあえて白打ちしない場合もあります。 )
※白打ちをしない場合は、透けて見える(黒がグレーになるといった)形になりますのでご注意くださいませ。

写真

白打ちは2回行います!!

通常、クリアファイル印刷の白打ちは、1度行ったあと4色(フルカラー)印刷を行います(白+4色)。しかし、絵柄によってはこれでも薄く透けてしまう事もあります。そのため、東京カラー印刷通販では、この白打ちを2度行ったものを使用します。(白+白+4色)
2度行うことで、シートがより白くなり透明度が押さえられ、絵柄がはっきり印刷されます。もちろん1度よりも2度の方がコストはかかりますが、2度の白打ちは標準仕様に含まれていますので、どうぞ安心してご注文くださいませ。
(※白打ちなしの印刷も可能です)

白打ちなしの場合・・・クリアファイルが透けているため、下に挟んだチラシの文字がはっきり見えています。
1度白打ちした場合・・・透明感が減り、下に挟んだチラシの文字が見えにくくなっています。
2度白打ちを行った場合・・・さらに透明感が減り、印刷されたカレンダーの絵柄がはっきり見えています。

白打ちデータの作成方法

Illustratorのみの対応とさせていただきます。 (すべて文字のアウトラインを作成してください)
※プロセス版と同じファイル内で新規レイヤーを作成、または別ファイルを作成して、「白版」と名前をつけてください。
※ご注文の際には、JPGデータでも結構ですので必ず出力見本をご送付ください。

Illustratorでの白打ちデータの作り方

[1]. プロセス版と同じファイル内で新規レイヤーを作成、または別ファイルを作成して「白版」と名前をつけてくださいませ。


[2]. 白うちが必要なオブジェクトを選択し、「コピー」→「白版用レイヤー」に「前面ペースト」その後、「オブジェクト」→「パス」→「パスのオフセット」を選択します。
オフセット値を「-0.1mm」と入力します。
角の形状・比率は、データによって調整してくださいませ。

※線がある場合はパスのオフセットをする前に「オブジェクト」→「分割・拡張」を行ってくださいませ。

※この時背面に、パスのオフセットをする前の「元のオブジェクト」が重なって残っています。元のオブジェクトは忘れずに削除しましょう。


[3]. 塗りを「K100%」にして出来上がりです。

素材の伸びによるズレ
注意

クリアファイル・PPクリアポスターの素材であるポリプロピレンの性質上、まれにズレが生じることがございます。
このズレを最小限にするためにも、白打ち用のデータは上記方法にのっとって、ご製作くださいませ。
※少々のズレが生じることは、何卒ご了承くださいませ。

透明の部分に白インクを乗せたいとき

必ず見本をご作成ください。

Illsutratorでデータをご作成後、上図の仕上りイメージをjpg形式で書き出し、仕上り見本をご作成下さいませ。
① ファイル→書き出し→書き出し形式
② ファイル名→「見本用」とつけてください。
③ ファイルの種類→jpg→「書き出し」
④ jpgオプション→特に設定変更する必要はありません。